1. ホーム
  2. 美白基礎講座
  3. ≫今更聞けない、有効成分って?あの白斑事件は?美白コスメの基礎知識とは

今更聞けない、有効成分って?あの白斑事件は?美白コスメの基礎知識とは

美白コスメ

意外と、忘れている、知らない美白コスメ事情。

透明感のあるクリな肌は憧れだけど、やっぱり効果や安全性って気になりますよね?

そこで改めて、美白コスメって何?
信頼性、正しい使い方、この意味って??

改めて、美白コスメ選びの復習を。

美白コスメって、そもそも何?

日焼け後の肌のくすみや色ムラ、紫外線によるシミやソバカスなどを防ぐ医薬部外品

これが、法律的には正しい定義です。

厚生労働省のお墨付きがない化粧品は、実は、美白コスメを自ら名乗る事ができませんし、美白効果をアピールしてもいけません。

とは言っても、古い角質をオフしてくすみを防いだり、キメを整えて透明感を高めたりといった肌色調整力を備えたものをひっくるめて、すべてを美白コスメと呼んでいます。

実際、医薬部外品でなくても同等の美白力を持っているコスメも少なくありません。

紫外線ダメージや肌トラブルなどが原因のシミやくすみ、色ムラなどが、もとの肌色になるのを助けるコスメ、と考えましょう。

美白コスメを使うと、白くなりますか?

紫外線

基本的に

紫外線などによる色ムラを防ぐ

コスメが美白コスメです。

色素沈着していない色白肌なら変化がありません。
さらに、法律を一言一句、杓子定規に解釈すると、シミや色ムラがこれからできるのを

防ぐ

だけで、消えません。

美白コスメをいくら使っても全く白くならない、、、ということになります。

だけど、これはあくまでも法律的な解釈です。

でも使った人にはわかることがあります。
紫外線ダメージで調子が乱れた肌に、もとの健康状態に導くだけで、実際に、何かを感じる人も。

今や、コスメ、といっても、実力はスゴイ!

美白コスメは、使った方がいいですか?

今、くすみもシミもなくて、オールシーズン日焼け止めで紫外線を防いでいるなら、特に使う必要はありません。
ただし、かつて日焼けサロンや部活でガンガン焼いていた過去があったら、要注意です。

たとえ、現在は肌色問題が表面化していなくても、肌の深い部分にシミ予備軍が待機している事も。

一生、待機状態をキープして、出現させないようにするためには、やっぱり美白コスメを使った方が良いです。
もちろん、すでに肌色問題が起きている人は、こころ強い味方です。

最低1ヶ月は使って、実感しましょう。

紫外線によるシミやソバカスのケアだけでなく、ニキビ跡や虫刺され跡、摩擦による黒ずみなどの解消にも効果的です。

美白コスメは、あの事件以来心配。安全性は?

アクシデント

日本は、色白に憧れを抱く人が多いです。
色白製造美容の歴史もかなり長いです。

それだけに科学技術が未熟な時代は数々の危険な「色白コスメ」が現れて、トラブルがありました。

美白=危険

というイメージが染み付いているのは、こういった歴史的背景があります。
少し前にも、大手化粧品メーカーの美白コスメで肌トラブルがありました。

これでさらに、マイナスイメージが浸透しました。

しかし、最近では、化粧品に関する安全性は薬事法で厳しき制限されています。

美白コスメもその対象です。

肌色を白く脱色したり、メラニン色素の生成をストップして漂白するなんて、成分は、禁じられています。

同時に、安全性も厳しく確認されているので、一般に販売されている美白コスメの安全性はかなり高いレベルです。

美白コスメに入っている「有効成分」って何?

  • 殺菌効果や炎症を抑える効果
  • 肌荒れを鎮める効果
  • メラニンの過剰生成を抑える効果など

肌に対する特定の働きと安全性が、厚生労働省によって認められている成分のことです。

医薬部外品の成分表示の筆頭に、※付きで載っているのが有効成分です。

美白効果のある成分は美白有効成分と呼ばれています。

有効成分の許可を得るには、効果や安全性を裏付ける膨大なデータが求められるため、高い研究レベルと膨大な時間、そして費用が必須です。
美白に熱心な日本の大メーカーでないと、新規成分の開発はなかなか難しいと言われています。

美容効果が知られていても、厚生労働省の承認を受けていないものは、有用成分とか美容成分などと呼ばれ、有効成分と区別されています。

<美白有効成分一覧表>

アルブチン
カモミラET
ニコチン酸アミド
4MSK
m−トラネキサム酸
コウジさん
ビタミンC誘導体
リノール酸
エラグ酸
D-メラの
プラセンタ
ルシノール
エナジーシグナルAMP
TXC
マグノリグナン

化粧品と医薬品、医薬部外品の違いは?

化粧品は、肌を清潔に保つなど、日常的なケアに使うためのアイテムです。

医薬品

疾病の治療や予防のための薬


医薬部外品

その中間的な存在で、薬のような治療効果はないけれど、炎症やメラニンの過剰生成を抑えるなど、限定的な効果を備えたもの

具体的には、前出の「有効成分」を規定量配合していて、効果と安全性を厚生労働省から認められている商品の事です。


例えば、美白有効成分を規定量配合した医薬部外品が、美白コスメです。
抗炎症や殺菌などの効能が認められた、ニキビ肌向け医薬部外品もあります。

医薬部外品ではないものは、法律的には美白コスメとは言えず、医薬部外品=美白コスメでもないので、気をつけましょう。

最近話題になった「白斑」って、何ですか?

白斑

メラニン色素を作る色素細胞(メラノサイト)が、部分的に極端に減ったり消失してメラニンがつくれず、その部分の肌が白く抜ける病気の事です。

正式名称 尋常性白斑

年間、約90万人が発症しています。

少し前に、ロドデノール配合の美白化粧品のユーザーに白斑が多発した事で、一気に報道され、大きな問題となりました。

原因は、未だに解明されておらず、ロドデノールにメラノサイトに対する毒性があったのではないか、と指摘する専門家が多い。

美白コスメは、メラノサイトに直接働きかけて昨日を損なうものではないので、白斑発症はまずありえません。
しかし、どんなコスメでも異常を感じたら、すぐに使うのを止めて、医師に相談しましょう。

クリニックのシミ取りレーザーと化粧品、どっちが良い?

美容クリニック

これは、ケースバイケースです。

シミ取りレーザーはシミ解消の確率は高いのですが、アフターケアを含めて数ヶ月間通う必要があります。

レーザーを照射したらすぐに終了、というわけにはいきません。

また、メラニンの黒さに反応するものなので、淡いシミや広い面積のくすみには不向きです。
その場合は、フォトフェイシャルなどの光治療がベターです。

一方、美白コスメは継続使用が大前提です。

手応えを感じるまでに最低でも、1ヶ月。
半面、色の濃さに関係なく、淡いシミやくすみなどにメリットがあると言えます。

また、キメの乱れや乾燥など肌コンディション全体を整えてくれるので、総合的な美肌を期待する場合は、コスメが人気です。

美白コスメ、結局何を選ぶのが正解?

一つの目安は、各メーカーがイチオシの「ピン芸人タイプ」の美白コスメです。

フルライン化されていない、美白のスペシャリスト的なアイテムで、たいてい美容液かクリームです。

もう一つのポイントが、無理なく継続して使う続けられるアイテムを選ぶ事です。

とたえアイテム自体の美白力が優秀で、高価だった場合、少しずつ使ったり、リピート買いできず継続出来ない、という状態になれば、意味がありません。

また、使用方法がちょっと面倒なものやテクスチャーが好みではないものは、避けましょう。

自分で買える範囲のものを重視して、每日必ず使うローションなどを美白タイプにスイッチするだけでも、ぜんぜん違います。

アスタリフトホワイトがイチオシ

アスタリフトホワイトパーフェクトuvクリアソリューション

光学技術の匠が切り開く紫外線ケアの最新アプローチ

フィルムメーカーとして、原料のコラーゲン使いや写真の色を守る紫外線対策は、お手の物です。

この赤組美白ラインも、化粧品メーカーとは一味違う先端技術で、紫外線ダメージに対抗します。

名の絵レベルの浸透力が定評です。

アスタリフトホワイト口コミガイド

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。