1. ホーム
  2. ≫UVB、UVAの紫外線対策!日焼け止め、服、帽子を選ぶ基準。摂り入れる成分とは

UVB、UVAの紫外線対策!日焼け止め、服、帽子を選ぶ基準。摂り入れる成分とは

UVAUVB

紫外線には、UVAとUVBの2つがありますが、ご存知でしたか?

UVA:波長が長い
UVB:波長が短い

日焼け止めを買うときに、SPF、PAと書いてありますが、どちらがどちらを止めるか知っていますか?
意外と、ごっちゃになっていて、とりあえず高ければ良し、と思っている方も結構います。

SPF:UVBをどれぐらいカットできるのか
PA+:UVAをどれぐらいカットできるか

最近は、SPFが注目されていますね。
UVBは皮膚の深い層へは届かいないものの、皮膚に対する有害作用がより強く、シミや皮膚がんの原因となるからです。

では、注目されないから、UVAはそれほど注目しなくても良い?と思うとそうではありません。
地球に降り注ぐ紫外線の量としては、UVAはUVBの約30倍。

また、UVBはガラスや雲でカットされますが、UVAはガラスや雲を貫通して皮膚に到達します。

さらに、UVAは、皮膚の奥深くまでつきささき、コラーゲンを破壊して、シワの原因にもなります。

また、皮膚の中に、活性酸素を増やして、老化を進行させてしまいますが、これは、UVB、UVAどちらもです。

また、UVAはUVBの発がん性を上げることでも知られています。
つまり、UVAとUVBが同時に当たるのは良くない・・・ということです。

日焼けサロンでは何が使われているかご存知ですか?

日焼けサロン

日焼けサロンは、UVAが使われているので、黒くなったからといっても、シミになることはありません。
そのため、真っ黒になりたいからといって、お金がないので、日光で焼いていると、後々大変です・・・

日焼けサロンで焼いている人の方が健全だと言うのは、UVAを使っているからです。

ただ、UVAだから絶対に安全とは言い切れないので、それなりのリスクは残ります。

<UVA、UVBの違いとは?>
◯UVAの特徴
雲やガラスを通過しやすい

皮膚の深い層(真皮)に届きダメージを与える

シワの原因となる

どれぐらいカットできるかは、PA+、PA++++などで表示される

◯UVBの特徴

雲やガラスを通過しにくい

皮膚の浅い層(真皮)にダメージを与える

シミや皮膚がんの原因となる

どれぐらいカットできるかは、SPF値で表示

SPFの高さに安心して塗り直しを忘れてはいけない

日焼け止めは、SPFやPAを見て選んでいると思いますが、単純にSPFが大きければ良い、という事ではありません。

SPFの正確な意味

ある人は3分間紫外線を浴びると皮膚が赤くなるとします。
SPF30の日焼け止めを塗ると、この時間(この場合は、3分)を30倍まで引き伸ばせる、という意味です。


つまり、赤くなるまでの時間を3分×30倍=90分(1時間30分)にできるという事です。

SPF50の場合は、3分×50=150分(2時間30分)です。

赤くなるまでの時間が延びるだけであって、紫外線のダメージを全くゼロにできるワケではありません。
また、1/30になるワケでもありません。

そして、日焼け止めで忘れてはならないのは、汗で落ちていく、という事です。

特に、夏やスポーツをするとき、1日外にいるときなどは、基本的に2〜3時間おきに塗り直す必要があります。

また、SPF50以上の強い日焼け止めは、「紫外線吸収剤」を含んでいるものが多く、皮膚への刺激が強い場合があります。
少し皮膚が弱い、と思う人は、控えた方が良いでしょう。

そのため、SPF50の日焼け止めを塗っていれば安心ではなく、SPF20〜30ぐらいを使って、肌がカブレない、自分にあったものを使うのがベストです。
ちゃんと、2〜3時間おきに塗り直す事は必須です。

PAは、+から++++まであります。
+が多いほど、UVAの防御率が高くなりますが、海外旅行などで日差しが強いところに行く場合は、「+++」などにして、普段は、「++」ぐらいがちょうどです。

ほとんどの人は、規定量の半分も塗っていない

日焼け止めを塗るとき、表示されたとおりのSPFやPAの効果を発揮するには、「1c㎡あたり2mg」塗る必要があります。

これってどれぐらいの量だと思いますか?

顔全体に塗る場合は、クリームならばパール2粒分に相当します。
ローションの場合は、1円玉2枚分です。

思ったよりも多くありませんか?

この通りに塗るとどうなるか・・・顔全体が白くなり、ベタつきます。。。

なので、白浮きしない、べたつかないオーガニックの日焼け止めを探す人も多いです。

あと、これが原因で、規定量まで濡れていない・・・というのもあります。
顔が真っ白では、外に出れないですからね。

ちなみに、規定量まで塗らなかったらどうなると思いますか?

たとえば、1/2ぐらいしか塗らなかった場合は、通常のSPF値の20〜50%の効果しかありません。

あと、よくあるのが、去年の日焼け止めが余っているので、今年もそのまま使っている人・・・

ダメですよ。

古くなった日焼け止めは、成分が酸化しているので、肌によくありません。

もったいない!と思うかもしれませんが、去年の残りを使いまわすのは辞めて、新しく買いましょう。

紫外線は、1年中降り注いでいるので、冬でも注意

ちょっとした外出にまで日焼け止めを塗るのは、ちょっと手間で・・・
冬だしいっかな、ってなりそうな人が大多数です。

マスクすれば大丈夫か!

とかまで言い出す人も。

紫外線は、コラーゲンを破壊し、サビつかせ、シワの原因になります。
最も紫外線の強い真夏の昼間であれば、1日3分以上紫外線を浴びると肌にダメージが残ります。

そのため、たとえ数分のゴミ出しであっても、外に出るときは日焼け止めは必須です。

あと、先ほども言いましたが、冬場でも紫外線はあります。

11,12,1,2月は紫外線は確かに少ないですが、紫外線のうち、UVAは実は季節による変動があまりなく、冬でも真夏の半分以上の量が降り注ぎます。

季節による変動が大きいUVBでさえも、冬は、真夏の20%と言われています。
そんな冬が過ぎて3月になると、UVBはすでに真夏の50%になります。

UVAは、4月の辞典で真夏とほぼ同程度の紫外線が降り注ぎますので、4.5月にかけてぐんぐん増えて行くUVBと重なり、7、8月の真夏には、UVA・UVBの両方を合わせた紫外線の量はピークになります。

さらに、曇の日でも快晴の日の約60%の紫外線が降り注いでいます。
雨だから大丈夫は、全然大丈夫ではありません。

雨の日でも快晴の日でも約30%の紫外線が降り注いでいます。
雲の隙間から太陽が出ているような天気の日は、雲からの散乱光によって快晴のときよりももっと多くの紫外線が降り注いでいることもあります。

紫外線によるダメージは、どれだけ紫外線を浴びたのか、その量で決まります。

紫外線によるダメージ = 紫外線量 × 浴びた時間

そのため、紫外線の量が約60%の曇りの日に、2倍の時間浴びてしまってはダメージは大きくなることさえあります。

そして、シミ・シワの量は、その人が年間を通じて紫外線をどれだけ浴びたのか?

紫外線の総量で7割がた、決まってしまいます。
夏でも、冬でも、快晴でも曇でも、365日日焼け止めを塗って、紫外線カットをする必要があります。

<天気による紫外線の量>

快晴 100%
曇り 60%
雨 30%

<ダメージの大きさ>

快晴 1時間 < 曇り 2時間

紫外線カットは、日傘や帽子では不十分!服は黒色を選ぶべき

場所によって紫外線の量は替わります。
同じ屋外でも、都会や草原にいるよりも海の近くや雪山にいるとそっちの方が圧倒的に紫外線は強くなります。

忘れていますが、紫外線は上からだけではありません。
上から降り注いだ紫外線は、地面で反射して再度、肌を攻撃してきます。

草原や土の表面ですと、反射率は10%と言われています。
でも、これがアスファルトでは、10%、水面になるとその2倍、最大20%程度とも言われています。

砂丘は、25%で、雪山が最も危険で、80%も反射します。
海やスキーに行くと、あっという間に日焼けして、黒くなるのは、上からと下から同時に攻められているからです。

日傘や帽子も大切ですが、これは上からの紫外線カットです。
下からの紫外線カットは出来ません。

<紫外線の反射率>
水面:最大20%
アスファルト:10%以下
草原・土:10%以下
雪山:最大80%
砂丘:最大25%


見た目の老化度は、「シミ・シワ・たるみ」といった、「黒い部分」の面積量でほぼ決まると言いました。

老化現象がどれぐらいのスピードで増えていくのか、7割がた、「紫外線の浴びた総量」で決まります。

紫外線は、直接皮膚のDNAやコラゲーンにダメージを与える作用だけでなく、「活性酸素を増やす」という作用もあります。
活性酸素は、肌のDNAやコラーゲンをさびつかせていき、老化の進行を加速させます。

そのため、紫外線を浴びれば浴びるほど活性酸素が増えて、紫外線と活性酸素のダブルパンチを受けます。

意外とかもしれませんが、白より黒の方が紫外線をカットします!

夏は衣替えで、白い服を着る人が増えますよね?
特に、この2,3年は白をメインにファッション雑誌が特集を組んだこともありその影響が大きいかなと思います。

逆に、黒い服を着ている人は見なくなりましたよね。

白い生地のほうが紫外線を跳ね返してくれそうに思われがちで、黒だとより紫外線を通して暑いのでは?と思う人が多いのですが、実は、白い生地よりも、より色の濃い生地のほうが紫外線をカットしてくれる力が強くなります。

夏は、白いシャツよりも黒いシャツや色が濃いシャツの方が、紫外線をカットします。

でも、黒いシャツが紫外線をカットするから、と思ってそればかり着ていると、やっぱり熱がこもるので、それはそれで暑くなり、熱中症を引き起こしたりします。

紫外線対策で服を選ぶときの基準とは

そこで大事なのが、UPFです。

服や日傘、帽子など、実際どれぐらい紫外線をカットしてくれるのか、見ただけではわかりません。

紫外線は、生地の色、素材の厚さ、目の粗さなどによって大きく変わります。

最近は、「UVカット加工」と記載されたシャツやニットも増えてきました。
でも、実際、どうなの?

と思うと思います。

1つの基準があります。

それが、先ほどもお伝えした、「UPF」という表示です。

UPFとは、「Ultra Violet Protecion Factor(紫外線保護指数)」の事です。

オゾンホールの影響で最も紫外線が強いと言われているオーストラリアとニュージーランドで定められた世界基準です。

UPFは、日焼け止めクリームでいうところの、SPFと同じ意味です。

UPF = SPF

UPF 15〜24 Good(良)
UPF 25〜39 Very Good(優良)
UPF 40〜50+ Excellent(優秀)

UPFが50を超えるものは「50+」と表記されます。
つまり、UPFが大きければ大きいほど、紫外線はカットできます。

一般的には、15〜24の間を選んでいる人が多いです。

夏は、白くて生地の薄いファッションが増えていきます。
ただ、紫外線対策としては、あまり適していません。
白は、紫外線を通しやすいからです。
生地が薄いとなおさらです。

紫外線対策に適した服や日傘を選ぶときは、少し色がついたものを選ぶのがポイントです。
また、表面は白色ですが、裏地は少し色がついている、というのもありです。

あと、は、目の細かいものを選ぶ事も大事です。

どうしても白を着たい!という人は、UPF表示がある服を選んで、15以上のものを選ぶようにしましょう。

あと、帽子も同じです。

紫外線をどれだけカットできるのか、40代以上で差がでます。

紫外線を浴びた時は、ビタミンCを体内から摂る

ビタミンCって多くの人が、肌から浸透させようとしますが、浸透しません。

うっかり日焼け止めを塗るのを忘れて、3分以上紫外線を浴びてしまったら、皮膚のダメージはもう取り返しがつきませんか

という質問を受けた事があります。

さすがに、3分浴びたからすぐに終了、ということではありません。
その後のケアをする事が大事です。
3分をどれだけ継続的に、何回浴びたのか、それが大事です。

紫外線は、皮膚のDNAやコラーゲンにダメージを与え、活性酸素を増加させます。
活性酸素が増加すると、老化も進行しますが、どちらにしても有効と言われているのが、「ビタミンC」です。

ビタミンCは、豊富な果物や野菜をたくさん食べることで摂ることができます。

サプリメントでも摂取している人がいますが、最近は、それを顔に塗ろうとしている人もいます。

でも、ビタミンCはいくら、顔に塗っても浸透しません。
レモンやきゅうりのパックを顔にしても意味がありません。

でも、最近は、化粧品の技術力が進歩して、化粧品でも浸透できるようにしたのがあります。

それが、最近話題の「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は、肌に一度吸収されると、肌の中で、ビタミンCに変化します。
紫外線によってダメージを受けたDNAを回復し、シミの原因となるメラニンを白色化します。

さらに、凄いのが紫外線によって壊されたコラーゲンも再生します。

ビタミンC誘導体は、紫外線に注目があたりそうですが、そうではありませ。
最近は美白にスポットがあたっています。

化粧水やクリームでビタミンC誘導体が入ったものがかなり売れています。

先ほど、説明したシミの原因となるメラニンを白色化するからです。
さらに、コラーゲンも増えて肌バリアが整います。

キメが細かい状態に戻っていくからです。

今まで、ビタミンC誘導体を化粧品に入れるのは難しいと言われてきました。
ビタミンC誘導体は、熱に弱く、冷蔵庫や冷暗所など気温が低いところで保存する必要があったからです。

ただ、技術の進歩で発売されるようになりましたが、まだちょっと高額ですね。
あと、3年ぐらいするともうちょっと値段が下がってくるかもしれません。

ニセモノとホンモノのビタミンC誘導体を見分ける!

ビタミンC誘導体といっても、いろんなビタミンC誘導体があります。

例えば、「アスコルビン酸グルコシド」はビタミンC誘導体の中でも、熱に強いと言われており、化粧品でも使われています。

しかし、残念な事があります。

この「アスコルビン酸グルコシド」は、人間の皮膚の中ではビタミンCに変化しません。

ドラッグストアの激安化粧品をにいくと、たいてい「ビタミンC誘導体含有!」と書いてある化粧品があります。
おそらく、この「アスコルビン酸グルコシド」が入っているのがほとんどです。。。

それを知らない人は、ビタミンC誘導体が入って、この値段はお得!と思って買っちゃいます。

多くの化粧品は、5,000円以上しますから、ドラッグストアで1,000円〜2,000円で購入できたらお得に感じますよね。

でも、実際は意味がない・・・

人間には効かないけど、鼠には効くと言われています。
鼠に効いても・・・って感じですよね。

私達にちゃんと効果があるビタミンC誘導体はどんな成分でしょうか?

「アスコルビン酸リン酸エステル(アスコルビン酸Mg、またはアスコルビン酸Na)」
「イソパルミチン酸アスコルビル(VCIP)」
「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」
「グリセリルオクチルアスコルビン酸(GO-VC)」

また、正確にはビタミンC誘導体ではありませんが、「フラーレン」もこれらのビタミンC誘導体と同等以上の作用があり、今注目されています。

以前は、美容クリニックでドクターズコスメとしてしか購入出来ませんでしたが、ロート製薬を筆頭に、ビタミンC誘導体が入った化粧水や美容液、クリームが増えてきています。

シェアをお願いします。