1. ホーム
  2. ≫シミ、シワは光老化が原因!?外側と内側から守る方法とは

シミ、シワは光老化が原因!?外側と内側から守る方法とは

紫外線によってシミができることはよく知られていますが、それだけではありません。

実はシワや毛穴の緩みなども紫外線による「光対策」が原因だったと言われています。

今年の猛暑はすごかったですね。

あなたはどうでしたか?

今更ながらに知っておかないと、あとあと大変ですよ。

紫外線が肌に及ぼす悪影響=「光老化」

UV-A波

毎年夏が終わると、シミが濃くなったり、目元の小じわが目立ったり、ほおの毛穴が開いたり。

なんとなく老けたような気がするのは、「気のせい」ではありません。

毎日浴びる紫外線は、肌に「光老化」の爪痕を残します。

「地上に届く紫外線は2種あり、B波(UV-B)は表皮にダメージを与えておもにシミの原因に。

A波(UV-A)はその奥の真皮にまで届き、コラーゲンなどの弾性線維を破壊します。

肌のハリが低下し、シワや毛穴の開きの原因となります。」

UV-A 真皮まで届いてハリのもとを破壊

シワ・毛穴に!

UV-Bよりエネルギーは弱いものの、波長が長く肌の深部まで届くのがUV-A。
コラーゲンやエラスチンといった弾性線維

UV-B 表皮に届いてメラニンをつくらせる

シミに!

UV-Bが表皮に届くと、肌の中で「細胞を守れ」という情報伝達物質が活性化されます。
それにより、表皮の奥のメラノサイトという細胞でメラニンという黒い色素が生成され、細胞を守る傘のような存在に。

これが日焼けです。

メラノサイトが役目を終えてもメラニンが作られ続けてしまうと、シミのもとに。

とくに注意すべきUV-A!3つのポイントとは

真皮まで届く紫外線

紫外線の約9割がUV-A

波長の長いUV-Aは雲を通過するので、地表に届く紫外線の約9割はUV-Aです。

さらに、窓ガラスを通って室内まで届きます。

予定のない休日はすっぴんで日焼け止めもつけない・・・

という人も多いかもしれませんが、無防備でいると肌の奥のコラーゲン線維が少しずつ破壊され、シワやたるみ、毛穴の開きが進行してしまいます。

オフィスの窓際や車の運転中も要注意。

気づかぬうちに思わぬ量を浴びていて肌の奥でダメージが進行する、これがUV-Aによる「光老化」の恐ろしさです。


曇りの日や雨の日も!

日差しが弱まる曇りのや雨の日も、油断は禁物。
曇った日は腫れた日の約6割り、雨の日は約2割の紫外線が地表に届いています。

なかでもUV-Aは季節を問わず降り注いでいるので、一年中、どんな天気でも肌はUV-Aのダメージを受けていると意識しましょう。


コラーゲンを確実に破壊する

紫外線を浴びていない肌と浴びている肌では、比較すると、紫外線を浴びている方がシワや毛穴が目立ちます。

紫外線を浴びるとコラーゲン線維が破壊され、新たにつくられにくくなり、減少してしまいます。

光老化から生じる3つの肌悩み

シミができる

1.シミ:メラニン色素の生成が止まらない!

メラニンを作るメラノサイトが活性を続け、部分的にメラニン色素が過剰になってしまった状態です。
放っておくとどんどん濃くなってしまうので、日焼け止めで紫外線を防ぎ、メラニン色素を減らすスキンケアが必要です。

2.シワ:コラーゲン線維が減り肌の折れグセが戻らない

UV-Aによって肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンといった線維がダメージを受けると、肌はクッション性がなくなり、額や目元などの表情ジワが定着しやすくなってしまいます。

ほおのたるみによるほうれい線の目立ちも。

3.毛穴:ハリが失われると閉じる力が減少・・・

ほおの毛穴がポツポツと丸く開いてくるのも「光老化」です。

真皮にハリがなくなると、毛穴がキュッと閉じたままでいられず、緩んでしまいます。

さらに重力の影響で楕円形になったら、ダメージが進行している証です。

<3つの共通トラブルの対策は同じ>

シミ・シワ・毛穴、どれも紫外線が大きな原因なので、対策は共通。

外側から肌を「守る」ケアと、紫外線と「戦う」インナーケアの両方が必要です。

外側から肌を守るスキンケアとは

日焼け止め

光老化を防ぐために必要なのは、なんといっても日焼け止めです。
選び方やつけ方の工夫をしっかりすれば、より効果が高まります。

さらに、「光老化」に効果絶大の「ビタミンC」を活用しましょう。

日焼け止めにはPA++++にこだわる

SPF:UV-B
PA:UV-A

日焼け止めに表示されている「SPF」はUV-B、「PA」は、UV-Aを防ぐ指標です。

SPFは、50+が最高値ですが、今は使い心地が良いものが増えています。

UV-A対策は抜かりなくしっかりとやり、PA値はマックスの++++を選ぶのがベストです。

塗る量は、1円効果よりも大きいぐらいです。
2回重ね塗りが安心です。


<日焼け止めを塗る4つのステップ>

1.顔に5点置いてから塗る

あご、鼻、両頬、額

日焼け止めは、適量(1円玉大)を手に取り、面積の広い両頬が多めで、残りを額、鼻先、あごの順番に置いていきます。

こうすると塗り忘れがなくなるので、最初に日焼け止めを起きましょう。

顔全体に伸ばすこともできるのがメリットです。

2.忘れがちなフェイスラインにも

耳の手前やあごなどのフェイスラインはつい塗り忘れがちになり、シミもできやすい部分です。
ほおに置いたものはフェイスラインまでしっかり伸ばしましょう。

夏は髪をまとめることも多いので、少量足して首にも馴染ませましょう。

3.細かい部分もしっかりなじませる

まぶたや口のまわり、小鼻のわきなど、細かい部分には、指に残ったものを丁寧に馴染ませましょう。

細かい部分は皮膚が薄い分、日焼けするとダメージを受けやすいので、指の腹でしっかり馴染ませましょう。

4.同量とって、もう一回重ねるづけする

これをやらない人が多いのですが、絶対にやりましょう。

顔のすみずみまで丁寧になじませたら、もう一回同じ量をとり、顔の5点において重ねづけしましょう。

仕上げに手のひら全体で顔を包み込むようにしてなじませると、フィット感が高まり、メイクを重ねても崩れにくくなります。

お直しようの日焼け止めは常に携帯

朝しっかり日焼け止めをつけたからといって、そのまま過ごしてはいけません。

汗をかいたり手を触れたりするので、UV効果が徐々に弱まっていきます。

日中の重ね付けは、絶対しましょう。

そうはいってもメイクを落として一から塗り直すのはなかなか難しいですよね。。。

そのため、スプレーやパウダータイプの日焼け止めをお直しようとして、常に携帯しましょう。


ビタミンCコスメをスキンケアにプラス1

高い抗酸化力をモツビタミンCは、肌に塗るとさまざまに作用します。

紫外線によるメラニンの生成を防ぎ、コラーゲン線維の生成をサポートし、毛穴を引き締める効果があります。

夏はビタミンCを配合した化粧水や美容液を+1して、「光老化」を防ぎましょう。


<紫外線あと浴びたら3日全録の美白増すでリセット>

紫外線を浴びたあとは肌の中でメラニン色素が盛んに生成され、それによって肌色が黒くなるのは約3日後ぐらいです。

そこで、強い紫外線を浴びてしまったら・・・

と思った時は、その日から3日間連続で、美白シートマスクなどでしっかり集中ケアしましょう。

紫外線を体の内側からケアする2つの方法

夏野菜

紫外線を浴びると、肌や体内で活性酸素が発生します。

メラニンの生成や弾力線維のダメージには、活性酸素が大きく関係しています。

活性酸素の発生を抑えるためには、体内からのケアも必須です。

抗酸化力の強い夏野菜をとって

野菜や果物には、活性酸素の働きを抑える抗酸化物質が多く含まれます。
抗酸化物質というと難しく聞こえるかもしれませんが、ビタミンA・C・E、など話題のポリフェノールやリコピンなどを指します。

とくに、強い紫外線を浴びて育つ夏野菜には抗酸化物質が豊富に含まれています。

旬の野菜を毎日たっぷりとりましょう。


◯ビタミンA・C・E

ビタミンエースと呼ばれる健康&美肌のトリオです。
夏野菜のパプリカ、かぼちゃ、モロヘイヤなどには、そのすべてが含まれています。

◯ポリフェノール
野菜や果物には必ず含まれる物質です。

とくに皮の部分に多く含まれています。

ゴーヤーなど苦味や渋みが強いものは、ポリフェノールを多く含む証です。

◯リコピン

強い抗酸化力を持つ物質です。

リコピンを圧倒的に多く含むのはトマトです。
そのほか、にんじんやピーマン、すいか、パパイアなどにも含まれています。

とりにくい成分はサプリメントで補う

ビタミンA・C・EのなかでもビタミンCは、水溶性のため野菜の切り口から流れ出やすく、熱にも弱い、という特徴があります。

体内でも消費されやすく蓄積できないため、食事では不足してしまうことが多いです。

体内でも消費されやすく蓄積できないため、食事では不足してしまうこともあります。

効果的にとるなら、サプリメントを使うのも方法の一つです。

紫外線を浴びる前の朝に飲むのがポイントです。

食品では補いにくい、α-リポ酸のサプリメントもオススメです。

アンチエイジングで注目されている成分ですが、その理由は、高い抗酸化力です。
代謝アップにも期待できます。

UV-A、UV-B対策できる日焼け止めはこちら

シェアをお願いします。